男は金属と皮が好き

46歳でカバン作りに目覚めたblau
design studio の橋本荘一朗社長。デザイン経験なしで、私財の全てを投げ打った。

男もののかっこいいカバンがない、だから作ろうからはじまる挑戦。車のインパネを思い浮かべ、金属と皮のコンビネーションに決めた。

アルミの塊をマシニングセンタという最新鋭の工作機械で3日間ぶっ通しで削り出し、やっと枠ができる。そこに職人が手作業で皮を貼っていく。定価40万円超の贅沢カバンの出来上がり。

誰が買うの?100個くらいもう売れたそうですよ。
何歳なっても新しいことは始められる。

今日は何をやらかした?

海外進出&インバウンド誘致の専門紙「国際イベントニュース」編集長・東島淳一郎が、今日怒られたことについて、説明します。

0コメント

  • 1000 / 1000