プレゼンする生き物

広島県熊野町は筆の名産地。子供が産まれると、赤ちゃんの髪の毛を筆にした「胎毛筆」をこさえるのが伝統。

そんな熊野が生んだ現代のキラーコンテンツが、有吉弘行。F1と呼ばれる消費意欲の高い30代女性の間で、今最も高い好感度を獲得しているとのこと。知らなかった。

そんな熊野町は今年100周年。だったら何かやりませんか、と、頼まれもせず、プロモーション企画を考えたのが、熊野町出身の電通マン、寺本芳章さん。因みに、寺本さんの担当は働き方改革だから業務とは関係なし。

東京に出た熊野町出身者を集めた飲み会に呼ばれ、だったら、なにかもってかなきゃな、と思ったそう。なんで、そう思うのか聞くと「どうせ『電通の寺本』と見られてるわけですから」。そだねー。

因みに、寺本さんの提案資料では、F1層人気第2位が、バカリズムでした。ベビーフェイスでポロリと毒突く男はモテるんだな。相手の退路を断たせるために毒を使う人は知ってるけども、グラフにそんな人は載ってなかった。

詰める男は最近の流行りではなさそうです。

今日は何をやらかした?

海外進出&インバウンド誘致の専門紙「国際イベントニュース」編集長・東島淳一郎が、今日怒られたことについて、説明します。

0コメント

  • 1000 / 1000